代表の澤野が基調講演 @山口大学(10月2日)

世界視点で見つめ直し地域の価値を転換する

10月2日、新事業創造プログラム「START UP DOJO UBE」が山口大学工学部にて開催され、代表の澤野啓次郎が基調講演をさせていただきました。

山口県宇部市にある山口大学工学部のキャンパス

 

 

会場となった研究棟には「志」の文字が

 

 

当日のフライヤー

 

 

生まれ育った須佐町は人口2600人。常に自分の町より大きな町に対する劣等感があった。世界と日本の田舎を結びつけることで価値を変えたいと語った

 

 

当日は40人超が来場。リベルタ株式会社が立ち上げたインバウンド観光ブランド「ハートランド・ジャパン」(Heartland JAPAN)の事業について語らせていただました。

 

潜在的な市場

1.すでに市場がある(欧米、豪)

-高単価

-顧客はコースを探している

 

2.健康と体験

-適度に運動したい(要調整=顧客はバカンスできている、年齢)

-体験型(体を動かす、体で感じる、記憶に残る体験)

 

3.ショボくても売り物にできる

-田舎は自然の宝庫=ウォーキングコースの宝庫

-ゆっくりと時間をかけて狭いエリアを周るので、

地域を通過点ではなく目的地にできる(素通りさせない)

-地域にしっかりとお金を落とさせることチャンスが多い

 

4.西洋人は、日本の田舎を「東洋の神秘」と感じてくれる

-日本人にはモテないけど、西洋人にはモテる

-ありのままの日本人の暮らしぶり。今あるものを伝える

-日本の田舎は「日本らしさ」「日本くささ」の宝庫

-知的好奇心(知りたい、知識を自慢したい、学びたい=精神的な豊かさ)

 

5.人との触れ合い

-参加者同士の連帯感(予めスクリーニングされた顧客層)

-日本のおばちゃん

など、従来とは違った地域の価値について言及させていただきました。

 

 

世界視点で考えれば地域のポテンシャルは無限

 

地域にはいいことだらけ

1.既存の施設への送客装置

-世界中の外貨を地域に流す

*観光スポット、飲食店、宿泊施設、体験を提供する事業者

 

2.現地事業者との連携

-世界中の外貨を地域に流す

*旅行会社、通訳ガイド

*ライター、カメラマン、ビデオグラファー、デザイナー

 

3.穴埋め効果

-シーズナリティ(閑散期)の課題解決

*GWやお盆休み、土日など日本の休日に左右されない集客

 

4.受け入れ側の負担はゼロ

-全国の通訳案内士(ガイド)をネットワーキング

*すでに30名以上が登録

という受け入れ側地域のメリットについても説明しました。

 

今後、国内でのツアー造成、そして海外での販路開拓に励んで参ります。

 

 

関連URL:

宇部市http://www.city.ube.yamaguchi.jp/houdou/sangyou_kigyou/h29/startupdojoube.html

 

山口銀行

https://www.yamaguchibank.co.jp/portal/news/2017/news_0901.pdf

 

株式会社Be win

http://be-win.co.jp/startupdojoube/

 

レポート:

01Booster

https://01booster.com/columns/blog/4087

【Ehime Kurushima-kaikyo-ohashi Bridges, from Mt. Kiro】【Gunma Carp Streamers, Akaya Lake】【Yamaguchi Farmer in Higashi-ushirobata Rice Terrace】
【Hiroshima Streetscape of Yutakamachi-Mitarai】【Niigata Wakabayashi-tei House】©経済産業省、【表示4.0 国際】ライセンス https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/